沿革


昭和37年 2月14日
伊都地方に本校を設立するため、郡内市町村長及び関係者で伊都地方工業高校設立期成会を結
成し、事務局を伊都地方教育事務所に置く。
昭和37年 6月25日
橋本市神野々820番地に設立を決定。
昭和37年11月 1日
開設事務取扱者として、林宏明・内田忠夫・伊藤寛男・高木俊次を発令、諸準備に当たる。
昭和37年12月28日
工事請負者は高野口町小田株式会社宮本組に決定。
昭和38年 2月 5日
起工式挙行。
昭和38年 1月15日
紀北工業高校と命名、修業年限は三ヵ年(全日制)機械・電子工業・化学工学の三科六学級編成と
決定。
昭和38年 4月 1日
林亮一初代校長に補せられる。開校、校舎落成までの期間、橋本市東家169番地(橋本小学校南側)
旧公民館を仮校舎に使用。
昭和38年 4月10日
第1回入学式挙行。各科88名、計264名の入学を許可。
昭和38年10月10日
普通教室1棟(鉄筋3階、18教室)完成。
昭和38年10月11日
新校舎に移転。
昭和39年 3月31日
機械科工場完成。機械科実験、製図室(2階建)完工。本館(3階建)2分の1完工。
昭和39年 4月 8日
自転車置場完成。
昭和39年 4月 9日
第2回生263名入学。
昭和40年 1月21日
機械科鋳造実習工場完成。
昭和40年 3月31日
本館3階建残部完工。機械科実験室、製図室(2階建)の2分の1完工完成する。電子工業科及び化
学工学科の各実習室(2階建)3分の1完工。
昭和40年 4月 9日
第3回生246名入学。
昭和41年 1月31日 体育館兼講堂完工。
昭和41年 2月21日   電子工業科及び化学工学科の各実習室(2階建)残部完工、庭園完工、庭園完成、渡り廊下完成、
体育館南側部室完成。堀囲棚完成。
昭和41年 2月23日 完工式挙行。
昭和41年 3月 5日 第1回生247名卒業。国旗掲揚台完成。
昭和41年 4月 9日 第4回生240名入学。
昭和42年 3月 1日 第2回生254名卒業。卒業記念庭園完成。
昭和42年 4月10日 第5回生238名入学。
昭和43年 3月 1日 第3回生227名卒業。卒業記念庭園完成。
昭和43年 4月 9日 第6回生240名入学。
昭和44年 3月 1日 第4回生216名卒業。卒業記念庭園完成。
昭和44年 3月19日 格技場完工。
昭和44年 4月 1日 九鬼貴男二代目校長に補せられる。
昭和44年 4月 9日 第7回生240名入学。
昭和44年12月 6日 燃料庫、生徒ホール、プロパン庫完成。
昭和45年 3月 2日 第5回生226名卒業。
昭和45年 4月 9日 第8回生240名入学。
昭和46年 3月 1日 第6回生230名卒業。
昭和46年 4月 9日 第9回生239名入学。
昭和47年 3月 1日 第7回生226名卒業。
昭和47年 3月31日 プール完成。
昭和47年 4月10日 第10回生234名入学。
昭和48年 3月 1日 第8回生221名卒業。
昭和48年 4月 1日 明渡敏雄三代目校長に補せられる。
昭和48年 4月 9日 第11回生238名入学。
昭和49年 3月 1日 第9回生239名卒業。
昭和49年 4月 9日 第12回生239名入学。
昭和50年 3月 1日 第10回生215名卒業。
昭和50年 4月 9日 第13回生240名入学。
昭和51年 3月 1日 第11回生217名卒業。
昭和51年 4月 9日 第14回生224名入学。
昭和52年 1月 1日 住所表示変更のため学校所在地を橋本市神野々809番地に変更する。
昭和52年 3月 1日 第12回生214名卒業。
昭和52年 4月 1日 恩賀繁夫四代目校長に補せられる。
昭和52年 4月 9日 第15回生233名入学。
昭和53年 3月 1日 第13回生188名卒業。
昭和53年 4月10日 第16回生238名入学。
昭和54年 3月 1日 第14回生185名卒業。
昭和54年 4月 1日 稲垣勝見五代目校長に補せられる。
昭和54年 4月10日 第17回生239名入学。
昭和54年10月29日 特別教室及び合宿室完成。
昭和55年 3月 1日 第15回生195名卒業。
昭和55年 4月10日 第18回生239名入学。
昭和56年 3月 1日 第16回生216名卒業。
昭和56年 4月 9日 第19回生240名入学。
昭和57年 3月 1日 第17回生211名卒業。
昭和57年 4月 1日 本校電子工業科を電気科と改変する。
昭和57年 4月 9日 第20回生235名入学。
昭和58年 3月 1日 第18回生197名卒業。
昭和58年 3月31日 校門(西、東)完成。
昭和58年 4月 9日 第21回生240名入学。
昭和58年11月20日 本校の創立20周年記念事業を行う。@記念碑建立。Aタイムカプセルの埋設。B記念植樹。C記念
文化祭。
昭和59年 3月 1日 第19回生201名卒業。
昭和59年 4月10日 第22回生239名入学。
昭和60年 3月 1日 第20回生197名卒業。
昭和60年 4月 1日 関長博六代目校長に補せられる。
昭和60年 4月 9日 第23回生240名入学。
昭和61年 3月 1日 第21回生207名卒業。
昭和61年 4月 1日 高橋筧次七代目校長に補せられる。
昭和61年 4月 9日 第24回生240名入学。
昭和62年 2月26日 第22回生213名卒業。
昭和62年 4月 9日 第25回生240名入学。
昭和63年 3月 1日 第23回生213名卒業。
昭和63年 4月 9日 第26回生240名入学。
平成元年 3月 1日 第24回生209名卒業。
平成元年 4月 1日 芝彰夫八代目校長に補せられる。
平成元年 4月10日 第27回生240名入学。
平成 2年 3月 1日 第25回生224名卒業。
平成 2年 3月29日 格技場完成(鉄骨2階建)。合併処理槽完成(250人槽)。
平成 2年 4月10日 第28回生240名入学。
平成 3年 3月 1日 第26回生208名卒業。
平成 3年 3月20日 教室棟大規模改造工事(普通教室棟3階1,776u)完成。
平成 3年 4月 9日 第29回生240名入学。
平成 4年 3月 2日 第27回生211名卒業。
平成 4年 4月 1日 東進九代目校長に補せられる。
平成 4年 4月 9日 第30回生221名入学。
平成 5年 3月 1日 第28回生209名卒業。
平成 5年 4月 9日 第31回生241名入学。
平成 5年11月15日 機械科棟完成(2,795.61u)。
平成 6年 3月 1日 第29回生212名卒業。
平成 6年 4月11日 第32回生240名入学。
平成 6年11月25日 本館棟大規模改造工事(外部)完成。
平成 7年 2月 1日 電気科棟完成(2,484.18u)。
平成 7年 3月 1日 第30回生196名卒業。
平成 7年 4月 1日 化学工学科をシステム化学科と改変する。
平成 7年 4月 1日 菅井繁實十代目校長に補せられる。
平成 7年 4月11日 第33回生239名入学。
平成 7年 7月13日 進路指導活性化事業指定校に県教育委員会より指定される。
平成 7年12月12日 本館棟大規模改造工事(内部)完成。
平成 7年12月22日 韓国仁川広域市青鶴工業高等学校と国際交流をはじめる。
平成 8年 3月 1日 第31回生218名卒業。
平成 8年 4月 9日 第34回生228名入学。
平成 8年 9月 5日 韓国仁川広域市青鶴工業高等学校を訪問する。 (第1回)ロボット競技に参加する。(生徒4名)
平成 8年 9月 9日 平成8・9年度豊かな心を育む教育推進事業実践研究協力校に指定される。(文部省)
平成 9年 1月27日 システム化学科棟(2,171.23u)。渡り廊下(2ヵ所)完成。
平成 9年 3月 1日 第32回生212名卒業。
平成 9年 3月25日 特別活動施設棟(220.50u)完成。
平成 9年 4月 1日 藪内誠也11代目校長に補せられる。
平成 9年 4月 9日 第35回生239名入学。
平成 9年 7月14日 韓国仁川広域市青鶴工業高等学校が来校する。(第1回)生徒会友好連携調印式を行う。
平成 9年11月 3日 和歌山県第4回産業教育フェアーの実施(事務局校)。
平成10年 3月 2日 第33回生201名卒業。
平成10年 4月 9日 第36回生238名入学。
平成10年 7月12日 韓国仁川広域市青鶴工業高等学校を卓球部・生徒会他13名が訪問する。(第2回)
平成11年 1月 7日 インターネット接続及びLANの設置。
平成11年 3月 1日 第34回生169名卒業。
平成11年 4月 1日 「スクールカウンセラー活用調査研究」文部省より2年間指定される。
平成11年 4月 9日 第37回生240名入学。
平成11年 7月12日 韓国仁川広域市青鶴工業高等学校が来校する。(第2回)生徒7名がホームスティを実施する。
平成12年 3月 1日 第35回生200名卒業。
平成12年 4月11日 第38回生240名入学。
平成12年 7月12日 韓国仁川広域市青鶴工業高等学校を剣道部・生徒会他24名が訪問する。(第3回)
平成13年 3月11日 第36回生193名卒業。
平成13年 3月31日 自動車整備実習室(89.0u)完成。
平成13年 4月 1日 武内龍雄12代目校長に補せられる。
平成13年 4月10日 第39回生223名入学。
平成13年 9月27日 流域下水道接続導入管完成。
平成13年11月 9日 女子便所棟(43.83u)完成。
平成13年11月13日 韓国仁川広域市青鶴工業高等学校が来校する。(第3回)生徒11名がホームステイ。(教師5名・生徒
11名)
平成14年 3月 1日 第37回生215名卒業。
平成14年 4月 9日 第40回生239名入学。
平成14年10月29日 韓国仁川広域市青鶴工業高等学校を教員6名保護者1名生徒9名が訪問する。(第4回)
平成15年 3月 3日 第38回生213名卒業。
平成15年 4月 1日 北澤正憲13代目校長に補せられる。
平成15年 4月 9日 第41回生240名入学。
平成15年11月11日 韓国仁川広域市青鶴工業高等学校が来校する。(第4回)生徒9名がホームステイ。(教師5名・保護者
3名・生徒9名)
平成16年 3月 1日 第39回生205名卒業。
平成16年 4月 8日 第42回生240名入学。
平成16年10月 5日 韓国仁川広域市青鶴工業高等学校を生徒会他22名が訪問。(第5回)
平成17年 3月 1日 第40回生211名卒業。
平成17年 2月 8日 さわやかクール事業HR教室冷房設備設置
平成17年 3月31日 運動場整備工事完成。
平成17年 4月11日 第43回生240名入学。
平成17年11月 8日 韓国仁川広域市青鶴工業高等学校が来校する。(第5回)生徒9名がホームステイ。(教師及び生徒20
名)
平成18年3月1日 第41回生215名卒業。
平成18年 4月 1日 谷弘14代目校長に補せられる。
平成18年 4月11日 第44回生237名入学。
平成19年3月1日 第42回生222名卒業。
平成19年 4月 4日 風力発電装置、電光掲示板設置
平成19年 4月10日 第45回生239名入学
平成19年 5月 2日 新体育館工事着工
平成19年 7月31日 韓国仁川広域市青鶴工業高等学校が来校する。(第6回)生徒15名がホームステイ。(教師及び生徒
20名)
平成20年 3月 2日 第43回生213名卒業
平成20年 3月28日 新体育館完成
平成20年 4月 9日 第46回生200名入学。システム化学科1学級減となる
平成20年 4月26日 新体育館及び総合竣工祝賀式典挙行
平成21年 1月19日 台湾国立員林崇實高級工業職業学校・国立員林高級家事商業職業学校を生徒会他5名が訪問。
平成21年 3月 2日 第44回生219名卒業。
平成21年 4月 1日 増田吉信15代目校長に補せられる。
平成21年 4月 9日 第47回生187名入学。
平成22年 2月28日 体育館周辺改修工事完成
平成22年 3月 1日 第45回生216名卒業。
平成22年 4月 9日 第48回生200名入学。
平成22年 5月25日 台湾国立員林崇實高級工業職業学校・国立員林高級家事商業職業学校が来校する。(教員及び
生徒 両校で66名)
平成22年11月21日 台湾国立員林崇實高級工業職業学校・国立員林高級家事商業職業学校を生徒会他20名が訪
問。
平成23年 3月 1日 第46回生179名卒業。
平成23年 4月 1日 中前耕一16代目校長に補せられる。
平成23年 4月11日 第49回生189名入学。
平成24年 3月 1日 第47回生175名卒業。
平成24年 3月23日 グラウンド防球ネット張替え。
平成24年 4月10日 第50回生160名入学。電気科1学級減となる。